チアキの絵画作品の販売をはじめます

チアキの絵画作品の販売をはじめます
2019年10月28日 pulusualuha

チアキの絵画作品の販売をはじめます

 

NPO法人ぷるすあるはは、精神障がいやこころの不調をかかえた親、家族、その子どもを、絵本や情報サイトなどのコンテンツを通して応援している団体です。
著書に、家族のこころの病気を子どもに伝える絵本①『ボクのせいかも…ーお母さんがうつ病になったのー』(ゆまに書房)ほか多数。サイト「子ども情報ステーション」を運営しています。

 

精神科の看護師でもあり、ぷるすあるはで全てのイラストを担当するチアキ。自身もごちゃごちゃとした落ち着かない家庭で育ちました。そして、病院や地域で、たくさんの子どもと家族と出会ってきました。
チアキの絵には、いろいろな子どもたちの表情が登場します。ときにドキっとしたり、ハットさせられる表情…みる人の心を揺さぶります。そのほか、チアキ独自の視点で、バラエティに富む作品が生み出されています。
画材はアクリル絵の具が中心で、細かいところはペンを併用しています。下書きは一切しません。これまで美術教育を受けたことはなく…筆の行方は手だけが知る?
色づかいと表情に、特にこだわって描いています。

 

2019年5-6月、国分寺カフェスローでの展覧会で初めて作品販売を行いました。ご自宅で、お店で、職場で…それぞれの場所で大切に飾っていただいている様子も届いています。チアキの絵は、絵としての魅力はもちろんですが、背景にある活動やメッセージがこめられているところも特徴です。
事務所に飾っていた絵をみた人から、作品を買って飾って応援したいという声があり、このたび、直接展覧会には来られそうにない…という方にも、メールのやりとりと郵送で、ご希望の作品を購入いただけるようにしました。
作品がスキで自分で楽しむという購入ももちろん大歓迎です。

 

このページには、簡単な目録をアップしています。気になる作品がありましたら、お問い合わせください。以下の流れでやりとりさせていただきます。
なお、2019年12月の小平市の展覧会では作品販売はありませんが、展示作品については、直接実物を見ていただくことができます。

作品購入の流れ

 

1.お問い合わせフォームから以下の内容とともにご連絡ください

(1)気になる作品の番号(複数ok)
(2)お住まいの都道府県
(3)受け取り方法の予定<事務所まで受け取りにくる・宅急便のいずれか>

※この時点では購入の決定ではありませんのでお気軽にご相談ください、何枚かの中から一枚選ぶといったことも、もちろん可能です

2.当該作品の写真、作品情報とともにお見積もりをメール添付して送ります

3.購入される場合はその旨をご連絡ください

4.請求書をお送りします

支払い方法は、クレジットカードまたは銀行振込で「一括の前払い」のみです

5.代金の入金を確認したのち、作品を発送します

なお、12月の展覧会に出展する可能性のある作品は、展覧会が終わってからの発送となります点、ご了承ください

※作品に添えられるキャプション(説明)も作成し、作品と一緒にお送りします。

 


カフェスローでのライブペイントのパレット作品は、キャプションとともに常設展示していただいています。

作品目録

 

展覧会『生きる冒険地図ー子ども×チアキ×ぷるすあるは』のために描き下ろした作品を中心に構成されています。作品の下に番号が入っていない作品は、売約済もしくは非売品です。(画像の間に青字で売約済が入っているものもあります)

大きいサイズ

変形サイズ、素材がイラストボードや板など

中くらいのサイズ

小さい作品

スクエア(正方形)の小さい作品

※D-7 予約済