NPO法人ぷるすあるは

絵本やウェブサイトなどのコンテンツ制作、普及啓発活動を通して精神障がいやこころの不調、発達障がいをかかえた親とその子どもを応援しています。精神科の看護師+医師を中心としたプロジェクトチームです。絵本の著者ユニットとしては’プルスアルハ’のカタカナ名で活動。

お知らせ

サイトご利用アンケートへの協力をありがとうございました 》コラムへ


チアキの子どもメール相談つづけます 》案内ページへ
「言いっぱなしメール」始めます 》ページへ


「ゆるっとこそだて応援ブック」販売中です 》ストアへ


》ヤングケアラーのみなさんへ (子ども情報ステーション内)


10-12月のぷるすあるはの予定 》子ども情報ステーションのイベント案内へ

リリース・コラム

【アルハ通信vol.116】感覚過敏の絵本の対談イベントほか

【アルハ通信vol.116】感覚過敏の絵本の対談イベントほか

絵本サポーター2021 活動レポート

絵本サポーター2021 活動レポート

『ヤングケアラーを支えるー家族をケアする子どもたち。』(日本看護協会出版社,2021年9月発行)にコラムを書きました

『ヤングケアラーを支えるー家族をケアする子どもたち。』(日本看護協会出版社,2021年9月発行)にコラムを書きました

活動概要

Twitter

Instagram

YouTube

pulusualuhaのYouTubeチャンネルでは、「家族のこころの病気を子どもに伝える絵本」シリーズ4巻・全編を作者チアキの朗読で試聴できます。そのほかショートストーリーなど。


ぷるすあるはを支援することができます。