絵画展・絵を使った啓発活動

絵画展での情報発信

2016年より絵画展をおよそ年に1回開催しています。制作担当で看護師でもあるチアキの絵を切り口として、より多くの方に活動を知っていただき、広げるための絵画展です。絵画販売も行っています。

》絵画紹介と販売案内のページへ

展覧会実績

2023年

》いろんなきもち だいじょうぶ。ぷるすあるは絵画展&高次脳機能障害って?(さいたま市)
》物語ることも、物語らないことも、物語れないことも(はじまりの美術館)

2022年

2021年
》『いろんなきもち だいじょうぶ。ぷるすあるは絵画展&高次脳機能障害って?』(さいたま市高次脳機能障害普及啓発事業)

2019年
》『ココロがしんどくなる前に-だれでにだれかのサポーター』(小平市精神障がい者理解促進研修・啓発事業)

》『生きる冒険地図―子ども×チアキ×ぷるすあるは』カフェスロー(東京)

2018年
》『みえない子どもたちをみる―ぷるすあるは・チアキ絵画展-』USBグループ様主催|大手町ファーストスクエア(東京)

2017年
》『子どものきもち絵本原画展 part.3-ぷるすあるはチアキのアトリエ-』さいたま市ノースギャラリー(埼玉)
》『子どものきもち絵本原画展 part.2-ぷるすあるはチアキのアトリエ-』さいたま市役所市民ギャラリー(埼玉)

2016年
》『子どものきもち絵本絵画展』HAGISO(東京)